通訳経験ゼロの僕が豪華クルーズ船の船内通訳をした結果…

こんにちは。
タクミです。

僕は前職で
外資系旅行商社に務めていました。

旅行素材の一つで
クルーズ船の代理店をやっていて
1週間の乗船研修に参加したんです。

そのときに
船内ツアーの通訳をする機会があったのですが

通訳は英語ペラペラじゃなくていい

と気が付きました。

通訳=ネイティブ並に英語ペラペラ&
どんな内容でもすぐに日本語&英語にできる

の印象を持ってたんですが、
ネイティブ並の英語力は必要ありませんでした。

どうやって
僕が通訳をしたのかお話していきます。

通訳に必要なのは英語の知識ではない

当時の僕は
通訳レベルの英語力もなければ、
言っていることをすぐに的確に訳す能力も高くありませんでした。

だからこそ通訳することには
一抹の不安を抱いてたのです。

もともとは
一緒に乗船していた5個上の男性の先輩からの急なお願いでした。

先輩
「タクミ君さ、留学してたんだよね?」


「はい、一応」

先輩
「じゃあ通訳できるよね?」


「つっ通訳?いやいやムズいっす」

先輩
「なんで?だって留学してたんでしょ?」


「してましたけど、話せると通訳できるは違いますよ」

先輩
「そうなんだー、まぁでも話せるのが君しかないから頼んだ!俺英語できないし」


「えぇ…」

先輩
「大丈夫だ!君ならできる!」


「わかりました(テキトーな人だなぁ)」

ツアーが始まる直前まで

「本当にできるかなぁ、クレームになったらどうしよう」


心臓のドキドキが止まりませんでした。

不安を抱えたまま
船内ツアーの通訳が始まります。

船長
「This ship is〜」


「この船は〜」

お客様
「この船は〜なんですか?」


「She wants to know〜」

なんとか言ってることに食らいつき、
ぎこちないながらも通訳をしました。

幸いあまり質問をしない参加者が多かったので
基本的に船長の説明を通訳するだけでした。

操縦室に入って
クルーズ船の操縦に関する説明が始まりました。

ここが一番の難関ポイントでした。

詳しくは覚えてないのですが

・どうやったらこんなに大きい船が動くのか

・動力について

・操縦席の細かいボタンについて

だったと思います。

クルーズ船の知識がゼロだった
僕はめっちゃテンパりました。

「おいおい、難易度マックスの通訳じゃねえか」

「えー、なんて言ったらいいんだマジで」

参加者がみんな

「船長はいったいなんて言ってるの?」

という目で見てきました。

僕がテンパってるのを感じてくれたのか
その参加者が僕に助け舟を出してくれたんです。

参加者
「たぶん船長さんは〜〜〜のことを言ってるんだと思いますよ」


「あ、そうなんですね。本当にありがとうございます!」

参加者がいい人ばかりで良かったです。

難関ポイントがなんとか終わったら
だんだんと通訳にも慣れてきました。

そして気が付いたんです。

「あれ?意外と通訳できてるじゃん!」

通訳する前の心配とドキドキ感とは裏腹に
意外とできている自分にホッとしましたね。

船長の話と
お客様の質問の90%以上は伝えることができました。

みんな僕の通訳を聞いてウンウンと
うなづいていましたからね。

とくに大きな問題もなく、
通訳に関するクレームもなく無事に終わりました。

「あー、無事に終わってよかったー!!」

自分の労をねぎらうために
一杯やりたい気分でしたね。

では、なんで僕が通訳が意外とできたのか?

それはなぜなら

言い換え

を使ったからです。

しかも
中学校3年レベルの英語です。(英検だと4級〜3級くらい)

いろんな角度から伝える

僕は船の知識もありませんし
専門用語も何も知りませんでした。

だから
船にまつわる英単語も何も知りません。

単語を知らないからこそ
自分の知っている単語でカバーするために
言い換えを使いまくったのです。


例えば

「船内で出た大量の廃棄物はどうやって処分をしているのですか?」

という質問があったとします。

単語力がある人は

・処分する=dispose

・廃棄物=waste

・船内=inboard

こんな感じで
的確な単語を選んで使うことができるでしょう。

でも僕は的確な単語を思い出す余裕もないし
そもそも頭にも入っていませんでした。

なので、
こんなふうに言い換えました。

「船内で出た大量の廃棄物はどうやって処分をしているのですか?」

「船の中のゴミはどうやって捨てるのですか?(How do you throw away garbage in ship?)」

難しい日本語を小学生でも
理解できるように言い換えたことで
瞬時に英語にすることができました。

発想力を鍛える

言い換えと聞くと難しく考えてしまい

「私は日本語も怪しいからな…」

「日本語も上手に話せない」

という人も多いです。

ですが、
言い換えはシンプルに考えれば大丈夫です。

コツは

難しい単語を知らない子どもでも
わかるように言い換える

これだけです。

例えば

・廃棄物→ごみ

・処分→捨てる

・船内→船の中

小学校1年生でもわかる単語ですよね。

僕は普段からシンプルに
単語を言い換える発想をしています。

発想力を鍛えることで
瞬時に英語にできるのです。

練習をすれば誰でもできるようになるので
難しい単語を使わず極力シンプルにしてみましょう。

英語もシンプル・イズ・ベスト

英語の知識が豊富でペラペラではなくても
今回の言い換えができれば通訳はできます。

難しい単語にとらわれず

「こう言えば同じ意味になるかな?」

「こう言ったら伝わるかな?」

と柔軟な発想をすることが大事です。

実際シンプルに話すことができると
英語だけでなく日本語もうまくなります。

シンプルに話すことができるだけで
かなり好印象を持ってもらえますし
あなたの魅力も上がります。

難しい単語ばかり使って
何を言ってるのかわからない人よりも

シンプルですぐにわかる単語を使って
話せる人のほうが好印象ですよね。

英語もペラペラになって
日本語までも上達する最強の方法なので
読み終わったら言い換えをしてみましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今だけスキルシェアサイトで1位を獲得したセミナーをプレゼント中!

 

僕はもともと英語が大嫌いで話すことも全くできませんでした。

 

YesかNoで答える質問すらも聞き取れず、常に情けない気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

英語を話すときはいつも不安で、「伝わるかな、大丈夫かな、、」とビクビクしていました。

 

その悔しさから猛勉強をした結果、英語はパターンを当てはめるだけで話せるようになることがわかりました。

 

パターンが使いこなせるようになった後は、オーストラリアに留学したり、シドニーの船会社でインターンをしたり、外資系企業で働いたりと英語を使って活躍することができました。

 

なぜ英語が大嫌いだった僕が人生を変えることができたのか。ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントで参考資料とスキルシェアサイトで1位を獲得したセミナー動画を今だけもらえます。

 

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

下記画像クリックしてタクミのメルマガを読む

 

<<詳細が気になる人はこちらをクリック>>

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です