再現性の高い思考のプロセスをするやり方

ずっと僕が近い関係性の人に言い続けてることがあります。

 

答えを覚えることは無価値

ゼ〜ロ〜です。
まじで意味ない。

 

それ知ってどうすんの
って話です。

 

どうしたらいいですか?
何が正解ですか?

 

みんなそればっかり気にしてる。
いらんのよ。

 

正解を知ることなんて。
あってないようなもんなんだから。

 

でも僕も無意識に正解探すことってありますよ。
これは人間に潜在的にインプットされてるもんだから。

 

しゃあないんだけど、
ずっと正解ばかり求めてると進化、成長できない仕組みになってんですよ。

 

だから自分で考える必要あるんだけど、
そもそも考える知識がない人が多いわけ。

 

何を考えたらいいのか

どうやって考えたらいいのか

 

それをこの前医学部を受ける高校3年生にレクチャーしたので、
その様子をレポート形式でお送りします。

 

—–ここから—–

 

長文問題を解くときの相談を受けているシーン

 

「先生、長文ってもらってるプリントって何度もやっていいんですか?」
「正直答えを覚えちゃってて、どうなのかなーって思ってます」

 

 

「むしろ何度でもやって、10回でも100回でも同じ問題やっていいよ。」

「頭に英文浮かぶくらいやってもいい」

 

 

「え、なんでですか?」

 

 

「そもそもな、答え覚えてることに意味ないんよ。マジで。」

「大事なのはなんでこの答えになるかってこと。解説に理由とか書いてあるじゃん」

「あれを頭に入れて、筋道を理解するほうが大事なんだよ」

 

 

「なるほど。そこは意識してなかったですね」

 

 

「これを理解してる人は本当少ない。みんな答えさえわかればいいと思ってる」

「でもね、この回答までの思考のプロセスが再現できない人って別の問題やってもまた間違えるんだよ」

「大事なのはこの思考のプロセスをフレームワークにして、数学の公式みたいに当てはめること。得意でしょ?」

 

 

「はい。確かに。これかなーっていうのはありますね。」

 

 

「だから文法の知識も単語も大事なんだよ。知識が欠けてたら応用なんてできないだろ。

「先生は数学の問題見ると自動的に頭がショートする仕組みになってるから公式なんて出てこないんだよ。だから君のほうがマシなんだよ」

 

 

「なるほど笑」

 

 

「そう。だから繰り返し同じ問題はやってほしい。英語ができる人の思考をパクれ。」

「そうすれば絶対に出来るよ。四六時中考えて、想起学習すること」

 

 

「想起学習ってなんですか?」

 

 

「想起学習ってのは、思い出して再度復習するやり方」

「少し時間経ってから思い出す→確認するを繰り返すこと」

「これやると記憶力が上がって定着しやすくなる」

「先生も学生のころはウンコしてるときも想起学習してたぞ」

 

 

「やってみます。」

 

 

—–ここまで—–

 

これ勉強だけじゃなくて、
普段の生活でも使えますからね。

 

 

何事も必ずその結論になった理由とか背景があります。

僕はドラマやマンガ、本、YouTubeなどそういう視点で見てます。

 

 

なんでベストセラーなんだろ、

なんで半沢直樹は視聴率が桁違いに高いんだろうとか。

 

そういう身近なもので考えられると、
応用が効くわけですねー。

 

 

これ読んだら早速実践。

ほとんどの人はやらないんで。99%の人はね。

1%になれるだけで人生変わるし、サボれるし。

僕は常にそうなりたいと思ってます。

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

答えのない答えを無意識に探すことは疲れるし無意味

なんで?を考えたら全てが手に入った。英語力も自由もお金も。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今だけスキルシェアサイトで1位を獲得したセミナーをプレゼント中!

 

僕はもともと英語が大嫌いで話すことも全くできませんでした。

 

YesかNoで答える質問すらも聞き取れず、常に情けない気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

英語を話すときはいつも不安で、「伝わるかな、大丈夫かな、、」とビクビクしていました。

 

その悔しさから猛勉強をした結果、英語はパターンを当てはめるだけで話せるようになることがわかりました。

 

パターンが使いこなせるようになった後は、オーストラリアに留学したり、シドニーの船会社でインターンをしたり、外資系企業で働いたりと英語を使って活躍することができました。

 

なぜ英語が大嫌いだった僕が人生を変えることができたのか。ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントで参考資料とスキルシェアサイトで1位を獲得したセミナー動画を今だけもらえます。

 

ぜひこちらから受け取ってみてください。

 

下記画像クリックしてタクミのメルマガを読む

 

<<詳細が気になる人はこちらをクリック>>

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です